こども文教常任委員会 陳情29第31号 はばたき児童クラブ平成30年度入所定員超過解消に向けた緊急措置の陳情への討論(平成30年2月22日)

議会にて

宮戸委員 陳情29第31号はばたき児童クラブ 平成30年度入所定員超過解消に向けた緊急処置の陳情に対して自民党藤沢の討論をいたします。

 辻堂小学校区のはばたき児童クラブにおいて、1次申し込み終了時点で、新3年生も入所できない可能性があるとのことで、夏休みなどには長時間子どもを家に置いたまま仕事に行かなければいけない、このことを不安に思う保護者の方のお気持ちは十分に理解できるところであります。

一方、辻堂小学校区の放課後児童クラブの整備については、市として最優先課題と捉え、これまで公募を2回実施しているほか、物件確保に向け、先ほど御答弁がありましたように、自己物件、賃貸物件を含めた不動産会社への調査、そして、センターへの聞き取り、また、徒歩での調査、そういった取り組みや、また、複合的な手法を活用した取り組みを行ってきたものの、いまだ児童クラブとして適する物件の確保はできていないとの説明がありました。児童や保護者の方の心情を鑑みると、迅速な対応を望むところではありますが、場所の確保や、児童クラブとして利用するために必要な整備を行うための準備期間を考慮すると、平成30年4月、この春に向けた具体的な緊急措置の実現は非常に難しいものであると考えます。

よって、辻堂小学校区の整備について、引き続き最優先課題として重点的に取り組むことを条件に、本陳情については趣旨不了承とさせていただきます。