子ども文教常任委員会 陳情29第19号中学生の医療費無料化に伴う所得制限についての陳情への討論(平成29年9月8日)

◆宮戸光 委員 陳情29第19号中学生の医療費無料化に伴う所得制限についての陳情につきまして、自民党藤沢の討論を行います。

小児医療費助成制度については、子どもの健康増進、子育て世帯の経済的負担の軽減、子育て世帯を中心とした市民からのニーズが高い点からも、子育て支援施策として重要な施策であると考えております。
全国的にも医療費助成が行われており、8割以上の自治体が所得制限を設けていないことや、子どもの健康については、親の経済状況に左右されず、所得制限を設けないことが誰にとっても望ましいものであると考えます。

しかし、先ほどの御答弁にあったとり、所得制限を行わなければ、扶助費として3億円の経費もかかることも事実であります。これまで市役所の中で財政負担についても議論がさまざまなされた中での結果であると思います。

現在だけでなく、先を見据えた制度とするためには、現状では所得制限を設けることが最善の選択であると考えるため、本陳情につきましては趣旨不了承といたします。