補正予算常任委員会審議内容(平成29年2月27日)

議会にて

一般会計補正予算は、歳入歳出それぞれ7億9274万5千円を追加し、補正後の予算総額を1450億4553万9千円とする。
なお、北部第二(三地区)土地区画整理事業費ほか、9特別会計は、18億9599万6千円を減額し、補正後の10特別会計合計予算額を1255億3698万8千円とする。主な一般会計の補正内容は、次のとおり。

▽財政調整基金積立金=16億円
財政調整危機への積み立てを行うもの。

▽公共施設整備基金積立金=2億円
庁舎、教育施設、その他公共施設の整備に係る事業費として、公共施設整備基金への積み立てを行うもの。

▽保健基盤安定繰出し金(国保)=3億1673万円
特別会計に対する一般会計繰出金。

▽自立支援医療費行費(更正医療)=265万2千円
対象者数が当初見込みを上回ることから増額補正するもの。

▽高齢者いきいき交流事業費=150万8千円
助成券の利用枚数が当初見込みを上回ることから増額補正するもの。

議会にて

▽藤沢型認定保育施設補助事業費=806万7千円
市が定める一定の要件を満たす藤沢型認定保育施設への運営費助成において、A型の施設数及び0・1歳児の入所数が見込みを上回ることから増額補正するもの。

▽児童保育委託費=2億6665万2千円
公定価格単価の改定により増額補正するもの。

▽給付型幼稚園事業費=2704万6千円
認定こども園へ移行予定の幼稚園の防犯対策に係る施設整備に対する補助、並びに公定価格単価の改定により増額補正するもの。

▽災害見舞金関係費=200万円
災害弔慰金の支給件数が当初見込みを上回ることから増額補正するもの。

▽鵠沼奥田線街路新設事業費=2583万8千円
藤沢市土地開発公社が先行取得した、鵠沼奥田線街路新設事業用地を買い戻すもの。

▽藤沢石川線街路新設事業費=6034万5千円
藤沢市土地開発公社が先行取得した、藤沢石川線街路新設事業用地を買い戻すもの。

▽運営事務費=266万6千円
消防団員退職報償金が見込みを上回ることから増額補正するもの。

▽特別支援教育整備事業費=1104万9千円
【繰越明許費】秋葉台小学校に特別支援学級を新設するもの。

▽学校施設環境整備事業費(小学校)=3億7093万2千円
【繰越明許費】浜見小学校ほか3校の普通教室に空調設備を設置するもの。

▽学校施設環境整備事業費(中学校)=2億8636万2千円
【繰越明許費】湘南台中学校ほか2校のトイレ改修工事を行うもの。

▽文化振興基金積立金=1000万円
基金への寄付金について積み立てを行うもの。