補正予算常任委員会(平成28年6月15日)審議内容

議会にて

補正予算常任委員会(平成28年6月15日)審議内容

平成28年6月15日に上程された一般会計補正の主な事業概要は、次のとおり。

【総務費(補正額372,641千円)】

▽庁舎等整備費=44,976千円
平成29年12月の新庁舎竣工後に着手する現新館整備及び国道467号歩道拡幅工事を進める為、設計委託及び地質庁舎を行うもの。

▽オリンピック開催準備関係費=11,619千円
東京大会開催に向けたボランティア推進計画の策定及びリオ大会のパブリックビューイングなど普及啓発事業を行うもの。

▽住宅都市地域コミュニティ調査研究事業費=1,800千円
(一財)地域活性化センターが実施する住宅都市地域の課題解決に係る調査研究事業に採択されたため、事業に係る経費を補正するもの。

▽市民センター整備費=64,166千円
平成27年度に取得した長後市民センター北側に隣接する用地について、当面の土地利用として駐車場及び広場等を整備するもの。

▽善行市民センター改築事業費=42,790千円
善行市民センター建設に伴う設計、地質調査及び敷地測量を行うもの。

▽辻堂市民センター改築事業費=45,449千円
辻堂市民センター等建設に伴う設計、地質調査及び敷地測量を行うもの。

▽市民会館整備費=14,522千円
市民会館の空調設備の部品交換、大ホール2階女子トイレの洋式化及び大ホールの座席修繕を行うもの。

▽湘南台文化センター整備費=23,771千円
湘南台文化センターの非常放送設備の改修工事を行うもの。

▽コミュニティ助成事業補助金=5,000千円
自治会・町内会が行うコミュニティ活動に必要な設備等の整備に対して助成するもの。

▽地域の縁側事業費=1,675千円
新たに実施する地域の縁側「特定型」の運営主体に対して運営費を助成するとともに、本事業の周知啓発を行うもの。

▽災害復興基金積立金=100,160千円
毎年1億円ずつ積み立てる予定の災害復興基金に2年目の積み立てを行うもの。

▽防災設備等整備事業費=16,713千円
老朽化した防災備蓄倉庫3基の更新工事及び危険ブロック塀防災工事の助成を行うもの。

【環境保全費(補正額42,687千円)】

▽地球温暖化対策関係事業費=36,475千円
住宅用太陽光発電システム等の設置に対し助成するとともに、新たに蓄電池及び燃料電池自動車の導入補助制度を創設するもの。

▽環境啓発推進事業費=1,730千円
ふじさわ環境フェア開催、エコライフハンドブックの全戸配布、エコライフアドバイザー派遣、環境ポータルサイトの運営を実施するもの。

▽生活環境美化推進費=810千円
市内鉄道駅周辺を指定している路上喫煙禁止区域の周知用看板の設置、路面シートの張り替え、条例啓発キャンペーン用ポケットティッシュ作成を行うもの。

▽微小粒子状物質(PM2.5)機器整備費=3,672千円
湘南台小学校内に移転する湘南台局に、新たにPM2.5測定機を整備するもの。

【民生費(補正額770,247千円)】

▽運営費繰出金=6,653千円
平成30年度の国民健康保険の都道府県単位化に伴う国保システムの改修に係る費用を繰り出すもの。

▽地域生活支援事業費=7,130千円
基幹相談支援センター相談員の増員、一時預かり事業建物賃借料等補助の拡充、及び自立動作支援装具着用訓練の利用対象機器等の拡大を行うもの。

▽老人福祉施設建設助成費=35,000千円
社会福祉法人が行う特別養護老人ホーム整備事業に対し、建設費を補助するもの。

▽地域密着型サービス整備助成費=126,793千円
小規模多機能型居宅介護等、地域密着型サービスを新たに実施する事業者に対し、施設の整備及び開設準備に要する経費を助成するもの。

▽母子生活支援施設解体事業費=100,498千円
母子生活支援施設(平和台住宅)の解体工事を行うもの。

▽市立保育所整備費=27,270千円
藤が岡二丁目地区の再整備に伴う敷地測量、善行保育園再整備に係る文化財試掘及び防空壕調査を行うもの。

▽届出保育施設認可化促進事業費=120,989千円
認可を目指す届出保育施設の認可化のための整備に対する費用の一部を助成するもの。

▽法人立保育所施設整備助成事業費=332,534千円
新設保育所3施設の整備に対する助成及び既存保育所の再整備に要する経費を助成するもの。

▽放課後児童健全育成事業費=7,242千円
湘南台小学校区児童クラブの開所に伴う運営費、賃借料の一部を負担するもの。

▽子どもの生活支援事業費=6,138千円
夜を保護者と一緒に過ごすことが出来ない経済的困難を抱えている家庭の子ども等を対象に、安心して夜を過ごすことが出来る居場所を提供する事業を委託するもの。

【衛生費(補正額230,114千円)】

▽保健医療センター整備事業費=67,263千円
保険医療センター空調設備の更新工事及び事前調査を行うもの。

▽公衆便所整備費=35,000千円
老朽化に伴い、湘南台駅地下公衆便所の改修を行うもの。

▽廃棄物等戸別収集事業費=839千円
集積所の維持管理等の市民負担の軽減と資源の持ち去りの各対策として、長後地区の約200世帯をモデル地区に新聞戸別収集事業を施行するもの。

▽石名坂環境事業所整備費=8,424千円
保守部品供給停止に伴い、ペット用焼却炉への搬送昇降機の改修工事を行うもの。

▽廃棄物処理対策事業費=4,180千円
北部環境事業所の定期点検中の貯留量の一部を市外搬出、焼却、溶融する業務を委託するもの。

▽北部環境事業所整備費=51,635千円
高倉遠藤線の拡幅工事に伴い支障となる北部環境事業所内の給水、井戸、排水の各設備の配管切り回し等の工事を行うもの。

▽最終処分場整備費=25,005千円
地元自治会からの要望による石名坂最終処分場跡地広場の階段設置、老朽化に伴う葛原及び同第二最終処分場各種設備更新の各工事を行うもの。

▽リサイクルプラザ環境啓発事業費=119千円
リサイクルプラザ藤沢敷地内に設置の電気自動車用急速充電器の24時間運用を行うため、当該施設の運営業務委託に24時間電話サポート契約を追加するもの。

▽一般廃棄物中間処理施設整備事業費=37,649千円
北部環境事業所2号炉建設に向け、法令により義務づけられている生活環境影響調査を実施するもの。

【農業水産業費(補正額33,325千円)】

▽地産地消推進事業費=252千円
都市農業振興基本計画を策定するための協議会を設立するもの。

▽環境保全型農業推進事業費=5,939千円
環境保全型農業を推進するため、防薬ネットの導入及び微生物農薬を導入する農家に対し、その経費の一部を助成するもの。

▽遊休農地解消対策事業費=2,221千円
遊休・荒廃農地の増加を防ぐため、担い手が不足した際の農作業を受託する団体に対し、作業に必要な設備の更新にかかる費用の一部を助成するもの。

▽畜産経営環境整備事業費=14,925千円
畜産経営に係る施設・設備の計画的な修繕等を支援するもの。

▽漁港機能保全対策事業費=9,688千円
片瀬漁港西防波堤の越波防止対策について検討するもの。

▽つくり育てる漁業推進事業費=300千円
藻場の保全等を行う団体への支援制度について、国の要綱改正により市の負担が生じることとなったため補正するもの。

【商工費(補正額12,029千円)】

▽新産業創出事業費=1,500千円
市内にインキュベーション施設退去後の市内定着を促進するため、退去者の事業所等の開設に係る費用の一部を助成するもの。

▽ロボット産業推進事業費=2,022千円
市内中小企業によるロボット及びロボット関連技術の研究開発等の費用を助成するとともに、「少年少女ロボットセミナーin藤沢」を開催するもの。

▽商店街経営基盤支援事業費=2,577千円
商店街の経営基盤支援事業等の助成制度を拡大し、新たな補助率により商店街街路灯のLED化を行う商店街に対し助成を行うもの。

▽拠点駅等周辺商業活性化事業費=1,500千円
「遊行の盆」について、4月に開館したふじさわ宿交流館との連携など事業内容の拡充があったため助成額を増額するもの。

▽誘客宣伝事業費=4,430千円
サイクルチャレンジカップ藤沢など本市の観光誘客促進に寄与するイベントについて、その事業費の一部を助成するもの。

議会にて

【土木費(補正額1,170,282千円)】

▽片瀬山地区防災対策事業費=46,851千円
片瀬山地区の避難施設に至る経路に接する斜面地について、安全対策工事を実施するもの。

▽行政指導道路等関係費=2,670千円
行政指導道路等の廃止に伴う損失補償の為に必要な不動産鑑定等を実施するもの。

▽建築物等防災対策事業費=46,946千円
住宅の耐震化を図るため、木造住宅や分譲マンションの耐震診断等を実施する費用の一部を助成するとともに、改定された耐震改修促進計画において耐震診断が義務化された建築物の診断費用を助成するもの。

▽指定道路図等整備事業費=39,561千円
建築基準法に基づく特定行政庁の指定に係る道路情報の適正管理を図るため、指定道路図等を作成および保存し、それらをインターネット上で公開するためのシステムを構築するもの。

▽藤沢宿地区舗装改修費=23,815千円
旧東海道藤沢宿街なみ継承地区内の横町舗装改修工事を実施するもの。

▽市道新設改良費=283,781千円
藤沢652号線が交差する国道1号直下の歩道築造工事、藤沢宿街なみ継承地区内の藤沢394号線他1路線における電線共同溝詳細設計委託等、湘南台駅東口駅前広場の改良を行うための詳細設計、湘南ライフタウンバスターミナルを拡充するための工事を行うもの。

▽自動車駐車場管理費=36,670千円
市営湘南台駅地下自動車駐車場の駅西側の入口昇降施設として設置したカーリフトの撤去工事を行うもの。

▽自転車駐車場整備費=36,447千円
善行市民センター等再整備構想を踏まえ、駅周辺の放置自転車対策の一環として、自転車等駐車場の整備を行うもの。

▽総合交通体系推進業務費=29,835千円
交通マスタープランに基づき、サイクルアンドバスライド施設の整備、六会地区の乗合タクシーの実証運行及びバス事業者へノンステップバス導入費用の助成等を行うもの。

▽都市マスタープラン等関係費=8,770千円
都市計画決定から20年以上事業に着手していない都市公園及び緑地について、都市計画見直しの方針を示すための検討を行うもの。

▽景観資源推進費=7,550千円
街なみ継承地区内の地域資源である歴史的建造物の保全や良質な街なみを継承するための修景などに必要となる費用の一部の助成等を行うもの。

▽藤沢駅周辺地区再整備事業費=157,456千円
藤沢駅周辺地区再整備事業の推進に向け、にぎわい空間の活用を目指した特殊街路の再整備工事等を行う。

▽江の島地区周辺整備事業費=9,375千円
片瀬・江の島周辺における回遊性の向上及び片瀬江ノ島駅駅前広場の交通結節点としての機能等を向上させる為、片瀬江ノ島駅駅前広場の整備に向けた検討を行うもの。

▽柄沢特定土地区画整理事業関連雨水調整池整備事業費=77,218千円
宮ノ下公園地下部の雨水調整池整備工事の進捗にあわせ、区画整理区域の地下水排水管の現況調査等を行うもの。

▽主要幹線道路調査業務費=10,768千円
県道藤沢厚木線について、都市計画変更を市が主体的に進める為、道路の予備設計を行うもの。

▽公園改修費=39,410千円
国の補助金を活用し、公園施設(遠藤公園テニスコート)の人工芝の改修を行うもの。

▽住宅環境整備事業費=313,159千円
市営住宅等長寿命化計画に基づき市営住宅の改修等を行うと共に、市営鵠沼住宅に津波避難階段を設置する設計委託及び工事を行うもの。

【消防費(補正額353,135千円)】

▽消防団充実強化推進事業費=20,919千円
消防団充実強化法に基づき、消防団の装備、救助活動用資器材を整備するもの。

▽消防自動車等整備費=198,904千円
車両更新計画に基づき、消防車両の更新及び修繕等を行うもの。

▽庁舎等整備費=40,846千円
南消防署の空調設備を更新するもの。

▽遠藤出張所新設事業費=92,466千円
平成29年4月の運用開始に向けて、出張所の開設に必要なシステム改修や資機材の配備等を行うもの。

【教育費(補正額320,959千円)】

▽児童支援体制充実事業費=6,937千円
小学校9校に「児童支援担当教諭」を各1名位置づけ、その教諭の軽減された授業時間を補うため市費講師を補充するもの。

▽八ヶ岳野外体験教室整備事業費=7,723千円
八ヶ岳野外体験教室の老朽化した厨房の床改修を行うもの。

▽校務支援システム構築事業費(小学校)=8,175千円
小学校教育のICT化を図るため、新規にタブレット端末143台を導入するもの。

▽諸整備事業費(小学校)=24,721千円
学校施設の整備を図るため、本町小学校の屋内運動場へのスロープ設置工事及び俣野小学校の万年塀撤去工事を行うもの。

▽学校施設環境整備事業費(中学校)=146,196千円
学校施設の整備を図るため、大庭中学校のトイレ改修工事及び村岡中学校の外壁改修工事を行うもの。

▽諸整備事業費=11,318千円
学校施設の整備を図るため善行中学校プール給水ポンプ改修工事及び鵠沼中学校プール給水ポンプ改修工事を行うもの。

▽旧東海道藤沢宿活性化推進事業費=756千円
藤沢宿まちづくりの推進を図るため、民間事業者を含めた「(仮称)藤沢宿にぎわい創出協議会」を発足させるもの。

▽公民館整備費=2,225千円
片瀬しおさいセンターのエレベーターのインバーター更新工事を行うもの。

▽文化行事費=1,242千円
セイジ・オザワ松本フェスティバルの開催に合わせ、市民会館大ホールでスクリーンコンサートを開催するもの。

▽スポーツ施設整備費=111,666千円
石名坂温水プール、八部公園プール及び秩父宮記念体育館の老朽化した設備の改修工事を行うもの。