予算等特別委員会副委員長退任あいさつ(平成26年3月17日)

 皆さん、こんにちは。退任に当たりまして一言御挨拶を申し上げます。

大変お名残惜しいんではございますが、途中であと1週間ぐらい審議をなんてふうに思ったんですけれども、議論濶達で、また答弁もしっかりとやっていただいたので、もう十分なのかなと思っております。

今回の予算委員会は、昨年の決算特別委員会で行われたような夕方5時半をめどに閉会するということで進めさせていただいて、途中で時間が足りなくなるのかなという思いもいたしまして、はらはらしたところもちょっとあったんですけれども、やはりベテランの塚本委員長の采配、そして皆様方の簡潔な質疑のもと、どうにか終えることができまして、本当にありがとうございます。

そして、理事者、部長、職員の皆様におかれましては、御答弁いろいろとありがとうございました。各委員からの指摘、そしていろいろな助言等々、そういったところを踏まえて、郷土愛あふれるふじさわ、藤沢市政の発展のためにぜひ尽力をこれからもしていただきたいと思います。

結びに、皆様方の御健勝と藤沢市政の発展を御祈念申し上げて、退任の挨拶といたします。どうもありがとうございました。(拍手)