災害対策等特別委員会(平成25年8月31日)

議会にて

委員長として本市の災害対策施策を仕切る

○宮戸光 委員長 日程第1、平成25年度藤沢市総合防災訓練の実施状況の視察についてを議題といたします。
 総合防災訓練の日程について事務局に説明させます。

◎寺田 議事課主幹 それでは、「平成25年度藤沢市総合防災訓練【実施要領】」に基づきまして御説明をさせていただきたいと思います。

1ページをごらんいただけますでしょうか。この訓練は、「命をまもり災害に強い藤沢をめざして」をテーマに、大規模災害発生時に初動体制の確立と実災害に対応するため、防災関係機関の機動力を結集し、即時救援体制の確立を図り、防災協定等の有効性について検証を行い、実効性を確保することを目的として実施するものでございます。

議会にて

藤沢市総合防災訓練視察時

訓練の柱といたしましては、防災関係機関との連携強化を図る訓練、会場地区以外の自主防災組織・自治会及び車椅子使用の障がい者の方々を対象とした移送訓練となってございます。

訓練は、本日、8月31日午後10時から消防防災訓練センターにて行われます。
訓練の想定は、午前10時、房総から相模湾沖を震源としたマグニチュード8.5の大地震が発生し、市内随所で家屋の倒壊や道路の損壊のほか、市内ライフライン等の各施設にも大きな被害が生じ、死傷者も多数発生したことを想定して行われるものでございます。

訓練の概要につきましては、午前8時半から六会・御所見・遠藤地区から自主防災組織・自治会及び車椅子使用の障がい者の方々を対象とした移送訓練が開始され、午前10時から総合防災訓練が行われることになってございます。

具体的な訓練項目等につきましては、1ページの下段から2ページに記載のとおり、№2の報道訓練から№22、水道管折損復旧訓練までの各項目が予定されてございます。
3ページをごらんいただけますでしょうか。訓練参加関係機関につきましては、№1の六会・御所見・遠藤地区自主防災会・自治会のほか、№45までの各機関となってございまして、訓練参加人員は633人を予定してございます。また、今回は新たに一般参加者向けに起震車を配置したほか、防災資機材展示ブースには日本気象協会等が新たに参加してございます。
続きまして、4ページから6ページまでは訓練のタイムスケジュールとなってございます。
7ページ以降につきましては、訓練概要の説明図という形になってございます。
9ページのイ、駐車場配置図をごらんください。委員並びに議員の皆様につきましては、このページの下部の関係車両駐車場所でバスをおりていただきまして、この配置図の右側の中段に8と記載されてございます場所が災害対策等特別委員会と表示がなされたテントとなりますので、こちらのほうまで移動していただき、訓練を視察していただくということになってございます。
なお、終了予定時間は正午となってございます。

議会にて

藤沢市総合防災訓練視察時

この後、マイクロバスで現地に参りますが、9時15分ごろに本館前を出発いたしますので、それまでに本館正面玄関にお集まりをいただきたいと思います。
なお、出入り口につきましては、中央監理室側の出入り口を御利用いただければと思います。
以上、簡単ではございますが、説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。

○宮戸光 委員長 説明が終わりました。
ただいまの説明について何か御質問はありませんか。
(「なし」と呼ぶ者あり)

○宮戸光 委員長 それでは、ただいまから視察を行います。なお、訓練が終了しましたら、現地において委員会を閉会したいと思いますので、あらかじめ御承知おきいただきたいと思います。
それでは、出発をいたします。