環境・災害対策特別委員会 副委員長退任あいさつ(平成23年2月2日)

議会にて

皆様、おはようございます。最後でありますので、私のほうからも一言ごあいさつを申し上げます。

 まずをもって委員の皆様、1年間の間、本当に御尽力ありがとうございました。そしてまた、議会事務局の皆さん、どうもお疲れさまでした。ありがとうございました。幸いにも増井秀夫委員長のもと、こうして1年間を送らせていただくことを本当にありがたく思っております。

 災害というものは、備えあれば憂いなし、この4年間の間に平成21年3月には藤沢市で全市にわたって配布した洪水ハザードマップ、そしてまた、沿岸地域におきましては津波ハザードマップなどが災害対策課を中心として作成し、そして市民の啓発につながったのかなというふうに思います。こういったことが災害を未然に防いでいく一つのものだというふうに思います。

 本日をもちましてこの審査が終了するわけでございますが、これからも災害がいつ起こるかわかりませんので、ぜひとも市民の生命、財産のためにこれからも御尽力をいただきますことをお願い申し上げまして、私からのあいさつにかえさせていただきます。どうも1年間ありがとうございました。