”魅力あふれる藤沢”づくり

藤沢市議会議員宮戸みつるの公式ホームページです。
宮戸みつるは藤沢市に生まれ育ち、”魅力あふれる藤沢”づくりを皆様と共に実践して参ります。


タウン誌に意見広告を掲載いたしました。
詳細はこちら >>

自民党 ロゴ

ごあいさつ

皆様のご支援のもと議員生活も3期目に入りました。

これまで修正予算案の上程や、藤沢市政始まって以来の100条委員会の委員として、様々発言をして参りました。

3.11を受け数年かかりましたが、皆様の生命・財産を守る為、事前防災・減災対策について、多角的な一般質問を行い、地域防災計画の早期見直しの提言や、全国に先駆け、藤沢市災害復興条例を議決、条例を施行致しました。

私は成熟した自治体藤沢にも、まだまだポテンシャルがあり、更なる"魅力あふれる"施策展開が可能であると考えております。

しかしながら一方で、少子超高齢化の進展に伴う住民ニーズの多様化に対応していくため、行財政のイノベーションを行う必要があります。

本市は2期目の当選を果たした鈴木市長のもと、市政運営の総合指針の改定、新たな行財政の推進、確かな財政基盤の構築など、まさに活力を創造するため挑戦していかなければならないと思います。

指針の改定については、住民生活にしっかりと裏付けられたものとして、行財政改革については、職員の意識改革に基づき生活課題にしっかり向き合う職員の育成をして頂かなければならないと思っております。定数については、本当に必要な職場に適正な人数が配置されているのか、検証が必要だと思っております。財政についてですが、近年は過去最大規模を更新しており、子育て支援や超高齢化を背景とした扶助費の増加も加味しなければならず、長期的な財政計画の羅針盤の構築が望まれます。

次に本市は、2020年の東京オリンピック・ヨット競技の会場として決定いたしました。
これを絶好の機会ととらえ、様々オリンピックプログラムへの取り組み、オリンピックレガシーとして「マルチパートナーシップ条例」の制定、歴史文化をテーマにした「都市宣言」の取り組みを進めるべきだと思います。また、鵠沼海岸に海の駅の設置や、アジアオリンピック協議会主催のビーチ・マリンスポーツに特化したオリンピック大会の「アジアビーチゲームズ」の誘致を更に進めてまいります。

宮戸みつるは、引き続き、皆様の魅力あふれる生活の向上のため、大きく行動してまいります。